デリケートゾーンの黒ずみを解消する石鹸の使い方

優しく洗いましょう!

デリケートゾーンの黒ずみを解消する石鹸の使い方

デリケートゾーンは、皮膚が薄く粘膜も多いです。石鹸で洗う時には、泡立てネットでよく泡立てて、泡でやさしく洗うのが黒ずみを解消するポイントです。強くゴシゴシこすったりすると、皮膚や、粘膜に刺激を与える事になり、黒ずみを悪化させてしまいます。指の腹を使って、丁寧に洗うようにしましょう。

 

デリケートゾーンは細かい部分に汚れが溜まりやすいので、細かい部分も丁寧に洗いましょう。膣内は、病原体や雑菌の侵入を防いでいるので、膣内まで洗わないようにすることが大切です。最後にシャワーで洗い流します。石鹸は、デリケートゾーン専用の刺激の少ないものを選ぶといいでしょう。

 

洗い方の順番について

石鹸の使い方は、ぬるま湯でネットを温めてから泡立てることが大切です。洗い方の順番も大切です。きれいに洗うためには、前のほうから洗いましょう。陰毛、陰核、性器部分(膣内は除く)、会陰部分、肛門という順番で洗うのがよいと言われています。お尻の部分は、排泄物を出すので、いろいろな菌が潜んでいると言われているので、前から洗うのが良いとされています。

 

洗い終えたら、時間がない時には、シャワーで流してもいいですが、より効果的な方法は、泡で3分ほどパックをすると効果的です。泡の持つクッションが、肌を摩擦から守り、黒ずみに効くと言われています。