デリケートゾーンの黒ずみとメラニンと摩擦の関係性

デリケートゾーンは、なぜ黒ずんでしまうのか

デリケートゾーンの黒ずみとメラニンと摩擦の関係性

デリケートゾーンの黒ずみのは、メラニン色素が沈着してしまうために起こります。
体にはメラニン細胞という細胞があり、これが刺激を受けると色素を出して肌を守ろうとします。
特にデリケートゾーンはこの細胞の活動が活発なので、黒ずんでしまいがちなのです。
なので、自分だけが黒いのでは、と悩んでいる人は安心してください。

 

多かれ少なかれ、黒ずんでしまうのは仕方のないことなのです。
刺激は紫外線によるものや摩擦によるものなど様々ですが、デリケートゾーンにおいて原因となっているのは下着による摩擦や蒸れ、締め付けなどが多いようです。

 

刺激対策をして、黒ずみを改善しよう

黒ずみの原因となる刺激を減らすためには、まず普段つけている下着を見直すことから始めましょう。
例えば、肌触りの悪いものは摩擦が起こりやすくなります。
通気性の悪いものも、蒸れやかぶれの原因となってしまうでしょう。
その為、コットンやシルクなどの通気性に優れた、肌触りの良いものを選ぶのがおすすめです。

 

またサイズが合っていない場合は、不必要な締め付けやズレが生じ、これも良くありません。
自分の体にフィットした、無理なく着用できるものを使用することにより、刺激を減らすことができるはずです。